美容

水を飲んで健康な体に!水がもたらす美容効果とは

あなたは、喉が渇いた時何を飲んでいますか?

炭酸?コーヒー?スポーツドリンク?お茶?水?

色々な飲み物があるため、好みが別れますよね!

ちなみに私は、お茶かお水しか飲みません(笑)

まあ、そんなことはさておき今回は、「水が体にどんな影響があるのか」を今回の記事では、書いていきたいと思います💡

水が体に必要な理由

体内の水の割合

まず、人の体の約60%が水分でできている。という話は有名な話なので聞いた事のある方も多いかと思います!

ですので、体には60%程の水分が無いと人は生きていけません。

ダイエットの為に、短期間ご飯を食べずに断食する方もいますが必ずお水は飲んでいます。

絶食して1ヶ月生き延びれる方もいるそうですが、その時絶食とは言っても水は飲んでいたそうです。

血液の運搬にも水が使われている為、水がなくなると血液の循環も悪くなってしまいます💧

また、身体に溜まった老廃物を外に出す役割をしているのが尿で、水分の排出は避けられないので失った分補給しなければなりません。

とにかく正常な状態を保つには、とにかく水が欠かせませんね‼︎

水って本当に美容にいいの?

水を飲むとどうなる?

水を飲むと代謝が活発になり、血液をサラサラにしてくれます♪

血液がサラサラになることによって、体内に栄養がしっかりと送られます。

栄養が送られる事によって、肌も綺麗になるというわけです💡

乾燥肌で悩んでいる方も保湿だけでは外の対策しかしていないので、体の内部からも対策をしてあげる為にも水はとても重要です‼︎

ちなみに水を飲んでいないと、新陳代謝が悪くなりシミや吹き出物などの原因にもなってしまいます💧

水道水でもいいの?

結論から言うと水道水はNGです。

なぜかというと、水道水には消毒の為に塩素が使われており肌にいい影響がありません。

塩素は肌をタンパク質を酸化させて、肌の持っている保水力や保湿力を低下させてしまう恐れがあるからです。

ですので、できるだけミネラルを含んだ水を選んで飲むように心がけましょう⭕️

どのくらい水を飲めばいいの?

水の摂取量

水とコップ

どれだけ1日に動いているかで摂取量は変わってきますが、あまり活発でない人は2.5Lで活発に動いている人は3.5L飲んでいれば問題はないでしょう⭕️

また、飲むだけではなく食べ物からも約20%〜30%水分は摂れる為、2.5L〜3.5L飲まなければいけないということはありません‼︎

*一気に大量の水を摂取するのは危険です。

摂取量は多い方がいいの?

たくさん水を飲めばいいということはありません。

過量の水を飲むと、水中毒という病気になります。

水中毒は、水を飲みすぎる事で発症し、低ナトリウム血症や痙攣が起こり最悪の場合、死に至る事もあるので飲み過ぎには十分に注意してください❌

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、水がもたらす健康や美容について書かせていただきました。

水を飲む量は、少なくても多くてもダメなので気をつけながら飲むように心がけて飲んでください‼︎

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください♡